読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEKAI no WEDDING

世界の結婚式を巡る旅

トラブル続きの初日

今現在はカナダ・トロントのホームステイ宅に無事到着して、
ゆったりした日曜日のお昼を過ごしております!
隣のルームメイト(ブラジルリアン)の流す洋楽が私の部屋にまで聞こえまくっていてなかなか良い感じです。
英語やっぱり破滅的だけど...泣

**************************************

旅立ちの日の朝ごはんは納豆がいいって私が言っていたので、
目が覚めると既にお母さんが美味しいご飯を炊いてくれていました。

そして、私とお母さんは電車で、姉夫婦と姪っ子は車で自宅から成田へと向かいました。
大きなトランク2つを運んでくれた姉夫婦の車...神。ありがとう。感謝。
お父さんはあまり大げさにしたくないのか、成田までは行かないと言って地元の駅でバイバイの予定だったけど
結局日暮里までは見送りに来てくれました^^


成田に到着したのはきっちり2時間前だったのだけど、そこから色々とトラブルが発生。。
まずアメリカにて乗り換えなのにESTAを取り忘れていた!
(カナダのeTAは取っていたんだけど、乗り換えの国も必要な認識がありませんでした)

チェックインカウンターで言われて初歩的なミス過ぎてびっくり。。
今から取ってもまだ間に合うから大丈夫ですよーとお姉さんに言われてすぐに取得。ドキドキ

それでもう一回チェックインカウンターに行ったら今度はお兄さんに
「アメリカから日本に帰国するチケットを取らないと飛行機に乗せられません。」と言われる。。
事前に調べたときは、アメリカに滞在するなら必要だけどカナダはそのチケットの必要ないってことだったんだけど。
でもお兄さんがとにかく今すぐ取ってください!って強く言うのでその場でチケットを取りました。
そして最終的には「急遽お願いしてしまってごめんなさいね」って謝られるから何だかよく分からず...泣

で。これ結局アメリカの入国審査では聞かれることもなく、スムーズに入国出来てしまい、
えーっとあのチケットはどうしたらいいんですか状態。
一回日本に帰ってももちろんいいんだけど(12月の学校終了後の日程で取ったから)、
そこはカナダ生活が落ち着いてからゆっくり考えたかったので何だかもやっとしております。モヤモヤ

が。キャンセル云々考えてる暇もなくもう中に入らないといけない時間になってしまって
かーなーりー不安そうな表情で出発。笑
家族全員が「このまま日本に帰ってきちゃうんじゃないか」と思ったそうな笑

f:id:e073331:20161017011018j:plain

寂しさを実感する暇もなくやっと乗れた飛行機に安堵感。
窓からの夕陽に癒されます。

となりのとなりの何人かは不明なおじいちゃんが機内食を全部キレイに平らげていた私を見て残ったパンくれたりした笑
優しい笑
けど、もうお腹いっぱいなのです。2人分はちょっときついです。

f:id:e073331:20161017101049j:plain
素敵なメッセージの紙

乗り換えのアメリカ・デトロイト空港までは何事もなく到着!
そこからトロント行きの飛行機への乗り継ぎは1時間半の予定だったのでダッシュで手続きなどを終えて
飛行機に乗り込んだ...ところまでは良かったのですが、
その後まさかのその飛行機がなかなか飛ばない。泣
眠かったから寝たんだけど、起きてもまだ全く同じ場所にいて驚愕!

結局、この飛行機は飛ばないらしく←みんな大騒ぎ
変更の飛行機は20:20発とのこと。
もともとは16:45に到着予定だったのでエージェントの方に連絡して
お迎えの学校の方に時間の変更をお伝えしてもらいました。


この飛行機の変更も私には訳が分からなくてなんかみんな叫んでいるしどうしたものかという感じだったのですが、
フィリピーナのお母さんと娘さんが日本語ペラペラで明らかに日本人顔の私を常に「一緒に来なさい!」って呼んでくれたので(多分大学生くらいだと思われている)ちゃんとチケットや荷物の変更も出来ました泣
感謝すぎる。飛行機乗ってからはぐれちゃったけど本当にありがとうございました!

そしてやーっとトロントに到着!
待っててくれた学校の人は神様に見えました。
「WELCOME TO CANADA!」はやめて。泣けるから。

そして車でびゅーんとホームステイのお宅まで連れていってもらって
22時を過ぎているのに待っていてくれたホストマザーに感謝。
あたたかいスープまで用意してくれていて英語は本当に良く分からんのだけど
とにかく感謝。
もっと食べなと言われまくって、もう入らない。お腹いっぱい。

そんでとにかく休めと言われて寝る。

怒涛の一日目がきっと無事(?)に終わった~!!