読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEKAI no WEDDING

世界の結婚式を巡る旅

トロントの街へ

今日は初登校。
6時に起きる予定で11時には布団に入ったのにすぐに目が覚めてしまって全く眠れない。。
どこでも寝るのが特技だったのにこんなこともあるんだなー。
そして眠れないってすごく辛いのね。今まで理解出来なくてごめんなさい。

目を閉じると色んなことを考えてしまって、次から次へと悩みが止まらなくなる。
今後ちゃんと記事が書けるのかなとか、カナダでこんなに大変なのに他の国に行けるのかなとか日本の家族が愛しいこととか…次から次へと頭に浮かんできてこんなの初めてだー。
常に頭がフル回転状態です(多分今までが使わなすぎだったんだけども)。

とりあえず予定の6時には起床出来て、昨日Marieと買いに行ったパンとハムとチーズでランチを作って(タッパに入れただけ)学校へ出発!
7時半に出たのにまだ外は暗いのね。8時過ぎるまで明るくならなかったよ。

最寄り駅までは徒歩で進んで、その後サブウェイ→タウンバスへと乗り換えるんだけど、
このバス停が分からなくてウロウロする東洋人。
しょうがないからめっちゃ強面の駅員さんに聞いたら「510」と言われてその数字だけ暗号のように唱えながらウロウロすること約5分。
明らかに「510」が見つかったのでその列に並んでみる。

ていうかこれバス?外走ってないじゃん。
と思ったけど、乗車してすぐに外に出たー。
志村坂上駅から志村三丁目駅みたいなものだねきっと。
Marieが書いてくれたバス停で下車して学校まではすぐに辿り着くことが出来ました!

学校でめちゃくちゃ久しぶりに日本人と話した!
そして事件は帰り道で起きたわけなんですが、なんとバスを間違えて道に迷いました。

f:id:e073331:20161019102143j:plain
間違えに気付いて降りた駅で初めて海を見たけどそれどころではない

携帯の地図アプリがなかったら警察騒ぎなくらい自分がどこにいるか分からなくなって、半べそ書きながら学校まで徒歩で戻る泣
そしてやっと正しいバスに乗れたのが18時過ぎ位。。
19時になるともう暗くなってしまうから、急いで帰宅したのでした。

半泣きの私にMarieが優しくて「ミキ!学校行けた?」って聞いてくれるから振り絞った笑顔で「行けたよー!」と言ったら、グッド×5回くらい言ってくれてまた泣ける。カナダのママ本当にありがとう。私は心から救われているよ。

そして今日の夜ご飯で初めてホームステイの学生3人が揃ったー!
トルコのイランには初お目にかかったのだけど、とにかく英語がペラペラで美人でオシャレで、薄顔の東洋人は久々に穴があったら入りたいと思いました。
そんなこんなで早く消えたかったのけど、Marieが「ミキとWalmart行ってあげてよ」と言ってくれたものだから優しいイランが連れていってくれることに!
しかもこの後行こうということになり2人で初の夜のお出掛けへ!(現在時刻20:30ドキドキ)

私なりに2人でそれはそれは色々なことを話したのだけど、申し訳ないことに半分以上聞き取れず…。あぁ本当に英語上達したい!!
とりあえず分かったことは、イランは弁護士さんだってこと。
すごい!!って言ったら、美人な顔でそんなことないよっていうあの西洋人ならでは素敵な仕草をしてくれた。HAPPYすぎる←

なんと仕事をしながら恐らく会社の指示で留学に来ているそう。
本当はアメリカに行きたかったけど、VISAの関係でカナダになったんだって。
でもその選択は正しかったかも、トロントにも行きたいところは沢山あるしねとのこと。
何かは分からなかったけど、英語ではなくて他の何かを勉強して帰らないといけなくて
仕事もしながらだから大変みたい。

そんな中でこんな東洋人のWalmartに付き合ってくれて本当に申し訳ない。
でもボキャブラリーが少なすぎてありがとう以外に言えることがない。悲しい。。
しかもWalmartに求めていた日本食は何も置いてなくて、申し訳なさすぎるからポッキーの抹茶味を買ったよ(唯一日本のっぽかった)。

お寿司は食べたことがあるけど、わさびが嫌い!って言ってた。
トルコのスパイスと違いすぎて衝撃だったそうです。そりゃそうだろう。
1時間くらいの夜のお出掛けだったけれど楽しかったな。
またゆっくりお話が出来るといいなぁ^^

次はもう少しちゃんと話せるように少しでも上達していたいな。
勉強頑張らないと。