読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEKAI no WEDDING

世界の結婚式を巡る旅

ナイアガラへプチトリップ

今の私にとってはだいぶ勇気を振り絞ったプチトリップのお話!

留学をトロントにする!と決めてから記事の目的地として一番最初に決めたのが、ナイアガラオンザレイクという街に行く途中にある『ウェイサイドチャペル』。


なんとここは世界で一番小さなチャペルとしてギネスブックにも載っている知る人ぞ知る?チャペルなのです!


トロントダウンタウンから、ナイアガラの滝の近くまではバスで約2時間。
そこから滝が見える場所まではタクシーかバスで約10分ほどなのですが、ナイアガラオンザレイクはなんと滝とは反対側。


f:id:e073331:20161108130419p:plain


分かります?笑
滝に比較的近い方にバス停があります。
超下手な字ですみません笑


10月末までは、GOBUSという会社が運営するシャトルバスがナイアガラオンザレイクまで出ているそうなのですが、
なんと行ったのは11月5日!おしい!笑

ということで、初の海外でのタクシー1人乗車🚕
そう、やるしかない。頑張る泣


事前調査では、ナイアガラオンザレイクまでは片道約40$で行けること、そしてナイアガラオンザレイクの街にはあまりタクシーがいないため、帰りも乗せてほしいから待っていてくれるかを先に聞いておく必要があるとのこと。

『Could I ask you to take me back too?』
だけを前日の夜からぶつぶつつぶやきながらいざナイアガラの街へ!

ナイアガラ行きのバスは、トロントダウンタウンのdandusという地下鉄の駅の近くのバスターミナルから出ています。

f:id:e073331:20161108131035j:plain


間に合ったからいいんだけど、ここに着く前になぜかsubway止まって、しばらく来ないからシャトルバスに乗ってーって言われたよ。予約していたバスに乗れませんでしたーはなかなか切ないから、お願いだからTTC(トロントの鉄道会社)頑張ってほしい。慣れたけど。

f:id:e073331:20161108130553j:plain


どの乗り場からバスが出るかはちゃんと掲示されています。私は今回megabusを使って行きました。
事前にネットで予約してメールで送られてくる番号を乗る前に見せるだけだから楽チン。

時間通り2時間ほどでナイアガラのバスターミナルに到着!

タクシーは沢山ではないけどちらほらといたので、少しでも優しそうな人(分からんけど)を探して交渉開始。

「私はナイアガラオンザレイクの街に行きたい。帰りも乗せてくれる?(←練習してたやつ笑)だいたいいくらくらいかかる?」

とか聞いたところ(正しい英語かは謎)、
『いいよー!ノープロブレムだよ。だいたい60$くらいでどうよ?』と言われたので、聞いてたより安いしいいかなと思いこのおじさんにお願いすることに😊



それが大当りで、このおじさん(たぶん。年齢不明)は「あれがナイアガラの滝のヘリコプターターミナルだよー」とか「あれがアメリカへの橋だよー」とかとにかく説明してくれる😳
優しいよあなた。ありがとう本当に。でも一応めちゃめちゃ警戒してるからね私、ごめんね、許して。



チャペルは街に行く途中の街にあるので20分程で到着!

「写真撮りたいんだけど待っててくれる?」「いいよー」と言ってくれて、しかも駐車した後にわざわざ降りてくれて「写真撮ってあげるよー」だって😳いい人や!



無事にたんまりと写真を撮ったあと、行き先はこのチャペルしか伝えてなかったから「ナイアガラの滝の方に行く?」って聞いてくれたんだけど、せっかくここまできたから少しだけでもナイアガラオンザレイクの街を見たくて、「街をちょっとだけ見たいなー。オススメの場所ある?」と聞いたら、そこから謎のmade byおじさんツアーがスタート笑



オンタリオ湖

トロントの街が見えるスポットらしく探し回ってくれたけど今日は見えないっぽかった笑
ありがとう!でも私今トロントに住んでるから見えなくても大丈夫だよ!

探してくれているおじさん。優しいなー
f:id:e073331:20161108124143j:plain

ガゼボのある公園

どこかにガゼボあるって聞いてたから行きたいって言いまくってたら連れてってくれた。

f:id:e073331:20161108124222j:plain

ちなみに、この後仕事中なのにTim(カナダの有名なコーヒー屋さん)に寄る自由さ😳笑
いるって言ってないのにコーヒー買ってくれて、ブルーベリーマフィンは半分こしてくれた笑
お金は?って聞いたらチャージしとくから大丈夫と言われて心から怯える笑



○ナイアガラオンザレイクの街

可愛すぎるアンティークの小さな街。

f:id:e073331:20161108124249j:plain

どうやらおじさんは戻らないといけない時間があるらしくて、歩きたい?って言われて、歩きたい!お願い!10分で戻ってくる!って言ったら歩かせてくれた笑

サンタがいたよ。毎週土日はいるらしい。
f:id:e073331:20161108124320j:plain


○なんか紅葉が綺麗な場所

写真撮って1分で戻ってきて!って言われたから本当にシャッター押しただけ笑

これオンタリオ湖?って聞いたら、違う〜けどなんだっけな〜って悩んで、あそうだ!〇〇湖!って教えてくれたけど私が忘れた。ごめんなさい。

f:id:e073331:20161108124403j:plain



○Flower clock

ここも超有名だから写真撮ってきな!って言われて撮って走って戻ってきた笑 少し人だかりが出来ていたよー。

f:id:e073331:20161108124332j:plain

バタフリーパーク

中に入ったら大量のバタフリーが近付いてくる公園笑 本当か分からないけどたぶんそう言ってた。めちゃめちゃ広くて回るのに2時間くらいかかるらしいから今日は無理だねーとあっさりスルー。車内から看板撮るだけで終了。

f:id:e073331:20161108124409j:plain


○queenston park

すっごく高いタワーがある公園。

f:id:e073331:20161108124425j:plain

ここ何?公園?って聞いたら、公園でもあるし結婚式とかもやるとこーって言われたから、私ウエディングプランナーなんだよー日本の。って言ったら、日本出身なのか!私の友達が住んでるよー!俺は行ったことないけどなー。だって。



その他、おじさんからの情報は、ナイアガラオンザレイクは寿司で有名だそうな。
何やら新鮮なお魚が手に入るらしい。ちなみにおじさんは寿司好き♡笑

そして、このナイアガラオンザレイクの街は小さいけど自然豊かだから気に入って住んでるんだって。
トロントは混んでるから嫌いだそう。3日くらいstayするべき場所だよ。またおいでー。と言ってくれました。



こうしておじさんのナイアガラオンザレイク弾丸ツアーは幕を閉じ、最後は滝が目の前のスポットTable topまで送ってくれたのでした。



んで。気になる値段は60$+待っている時間代等が10$で計70$でした。
不本意にもコーヒーも買ってもらったし納得笑

聞いていた値段と全然変わらなかったし、なによりおじさんがとっても丁寧に案内してくれたのが本当に嬉しかった!



帰りはバス停まで歩くよって言ったら道を丁寧に教えてくれて、
もしも迷ったら電話してー迎えに行くから。と言って名刺をくれました。
どこまで優しいんだろうか。ごめんね疑って。


タクシー降りる前に記念におじさんと。

f:id:e073331:20161108130702j:plain

なんか写真見るとおじさんってほど歳とってない気もしてきた笑
今度から差し支えなければ年齢聞くようにしよう。あと名前。笑



その後は滝を観光して終わり!笑

さらり。



なんか今になって『旅はどこに行くかよりも誰に出会うかだよ』っていう言葉の真意が分かった気がする。

簡単に言うと、ナイアガラオンザレイクは私にとってとても素敵なところだった。
だっておじさんがこんな謎の英語を話すアジア人に丁寧に色々と教えてくれたから。


f:id:e073331:20161108125156j:plain
ナイアガラの滝には滝があった笑
滝マニアでない私にはそれ以上でもそれ以下でもない。いや滝好きだけど笑

そういうことなんだろうきっと。


人との出会いって偶然って言うけど、なんだかんだ自分の人間的なレベルみたいなものに合わせて出会う人も変わってくるんじゃないかなと最近思う。必然ではないけどそれに近いような。
この日のことで例えるとしたら、英語が話せないから自分一人でタクシーに乗るという選択肢を諦めて日本語ツアーに申し込んだら、このおじさん(多分)に出会って何だか愉快な時間を過ごすことも、一緒にコーヒーとブルーベリーマフィンで茶をしばくこともなかったんだなぁという話。

つまり決して人間的レベルがなんだっていう話をしたいのではなくて、
少しでも良い出会いに恵まれるように常に今の自分を一生懸命成長させてあげようと改めて誓ったということなのでした。

それくらいなんだか心ほっこりな大切な時間だった。
明日も素敵な出会いがありますように!


ちなみに、帰りもTTC止まっでシャトルバスで帰りました。
お願いしっかりしてー泣