読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEKAI no WEDDING

世界の結婚式を巡る旅

【メキシコ】グアダラハラ2

日本を出発したのが17日。
そして結婚式は20日に行われる予定でした。
それまでの期間は、Loちゃんのご自宅にお世話になることに。


空港から自宅までの道は衝撃の連続。
道には物売りの子供たちが居て、お花やおもちゃ、お菓子を車の信号待ちの時間に売りに来たり、ボロボロの家や建物があったり、街のバスにはたくさんの人の長蛇の列が出来ていてギューギュー詰めで走っていたり....

今となってはちょうど車に乗っていた時間が街の人の仕事開始の時間だってこともあったかとは思うのですが、
街のカオスさ、空気感、人々の勢いの日本とのあまりの違いに恐怖に近い感情を覚えました。
「いよいよ日本とは遠く離れた国に来てしまった」というカナダやアメリカの時は感じなかった不思議な気持ち。

でも、Loちゃんのお家はとてもとても綺麗でお家に入った瞬間に一安心。
愛犬のブンケがお出迎えしてくれました♪
f:id:e073331:20170413074803j:plain
とっても可愛い もう老犬だって言っていたけど元気

Loちゃんのお家はとても広い敷地の中にあり、そのゾーンに入るのには鉄の門を通る必要があります。400件くらいお家があるって言っていたかな。
f:id:e073331:20170413075531j:plain

24時間体制で警備員が門のところにいて開け閉めをしていました。
つまり不法侵入者を取り締まり、住民以外は入れないようになっているそうです。

f:id:e073331:20170417103733j:plain
奥に見えるのが門

敷地内には大きなお庭があり、犬の散歩をしたり公園で遊んだりすることももちろん出来るのですが
子供たちが自由に街に出ることは許されていないみたいです。。
そしてもちろん私も許されませんでした💦
ここグアダラハラでは珍しいアジア人、しかも女性が一人で歩いていたら本当に危険だから、
一緒に出かけるとき以外はお部屋に居てねと…。
「分かった!」と良い返事をしたけれど、心の中はざわざわすぎて←

f:id:e073331:20170417102454j:plain
確かに外は全く違う雰囲気 犬が居たり家の壁がなかったりテレビとかで見るような感じ…

危険ってどういう風に危険なんだろうとか、
ご飯とかお水とかも買いに行けないどうしようとか、
そういえば私は何で17日に来たんだっけ?とか←(本当にそう)
色々考えて混乱する頭をなんとか落ち着かせて、
お腹がすいていたから日本の家を出るときにお母さんにもらったおにぎりを食べようとあけたら
腐っていたという(笑)
今考えたら丸2日たっているので当たり前なんだけど、なんだか悲しい。さようなら日本←

そんな私を見かねてか、Loちゃんが近くのローカルレストランに連れ出してくれることに!
本場のメキシカンなんて食べたことないから何を頼んでいいか心配していたら、
長旅で疲れた身体にはこれがぴったりと紹介してくれたスープがとても美味しかった♪
ポソーレ (pozole)というそうです🍴

f:id:e073331:20170417100848j:plain
野菜たっぷりで健康にもよさそう!

飲み物もLoちゃんのおススメ、お米のジュース。
生のお米を使用して作られているそうです。

f:id:e073331:20170417100854j:plain
甘くて美味しい!

f:id:e073331:20170417100900j:plain
お店には本当に地元の人しかいなかったけど、私が朝見た街の雰囲気とは全然違うように感じました。
なんだかみんな陽気(笑)お店自体もカラフルで可愛いし!


そしてLoちゃんと初めてちゃんと会話をして、今日は私が来るから会社に出勤しないで仕事が出来るように
自宅勤務の手続きをしてくれたことを知り、その優しさに感動!!✨
本当にこんな異国の地から来た見知らぬアジア人に対して、こんなにも優しくしてくれてありがとう!

だから私は自分勝手な寂しさに勝手に苦しんでいたことを反省。
なにが出来るわけじゃないけど、とにかくもう来ちゃったのだから(笑)せっかくご縁あって訪れたこの場所のことを、そしてこの場所の結婚式のことをしっかり勉強して帰ろうと改めて決意したのでした。

【メキシコ】グアダラハラ1

年末年始で日本に一時帰国した後、再出発の最初の国はメキシコ。
そしてその中でもまず「グアダラハラ」という街へと向かうことに。

とても申し訳ないことに「グアダラハラってどこ?」レベルの知識だった私。
なぜまずその街に訪れることになったかというと、
友人の紹介で知り合いのメキシカンの結婚式にお呼ばれしていたからです✨

出発前からMessengerでやりとりさせてもらって、新婦さんがセーラームーンの大ファンということもあり
日本人が来るってことに歓迎ムードでとても嬉しかった☺♡
セーラームーンに縁も所縁もなくて申し訳なかったけど笑)

今までトロントでもニューヨークでも、実際に結婚式の現場を訪れることが出来なかったので
まさかのお呼ばれ→実際に参列が出来る!!ということで胸は高鳴るばかり。

今回は、羽田空港からロス乗り換えでグアダラハラへ。
どうでもいいんですけどこのロスでのトランジット15時間が旅の中でも最長のトランジットだった←
でもずっとラウンジでゆっくりしていたので何もストレスは無く、
ライターの仕事の残していた分をやり終えてから出国できたので良かったです。

健康のためにラウンジではとにかくサラダを食べる 旅中の野菜不足は深刻です💦

グアダラハラの空港に到着したのは早朝6時。
今回私と新郎新婦さんを繋げてくれたLoさんが空港まで迎えに来てくれる約束になっていました。
でも、なかなか連絡が取れなくって...30分くらい待ってたのかな。

こういうときに一番心臓がどきどきします←
謎の妄想が広がってもし実は騙されていたり、来る日程間違えていたりしたら、
私はもうグアダラハラに着いてしまっているのにこれからどうするんだろう。。
しかもひとりで。。。とかね(笑)
でもこんな些細すぎる悩みは旅の中で余裕で超えていけるようになるのでしたhahaha


スタバにはメキシコのタンブラー


そして無事にLoさんと彼氏さんと会うことが出来ました✨
次はグアダラハラでの生活について書きたいと思います。

メキシコ・グアダラハラへ

明けましておめでとうございます!

NYのことは何一つとして書けていないまま、いきなりメキシコのお話になります。
私なんて結局そんなもんなので、無理せず頑張ります✨笑

メキシコに来る前は日本に一時帰国をしていました。
飛行機の事情とか諸々あってのことなのですが、選択肢として「日本」があるなら私はそれを選びたかった。
そんでもってまんまと選んでしまった笑

でもとても充実した時間が過ごせたし、ごはんは美味しいし、湯船という文化は最高だし(笑)

そしてなにより日本にいる時よりも確かに大切なものがはっきりと見えました。
全てが恵まれていて、幸せ者だ私は。

だけど、もはや何に呼ばれているのかも分かりませんが、私は日本を再度出国しました。

前回の出国とは異なり、幸せなことにたくさんの人の力を借りることにより
とても具体的に自分の動き方が見えてきたので、しっかり形に出来たらなと思います。

昨日メキシコ・グアダラハラの街に到着し、友達のお家に泊めてもらっているのですが
お家の中がとっても素敵です✨
ブンケというおじいちゃん犬も居て、まったり過ごさせてもらっちゃっています笑


ただやっぱり今まで居た北米とは治安が全く異なる雰囲気は重々感じます...。
車に乗っていても、物売りの子供が集まってきたり、住んでいる住宅街の外には出ない方が良いと忠告されたり、
恐がったらキリがないです。
でも、それもメキシコ。
ちゃんと受け止めて行動していかないとね。


そして、金曜日にはこの旅初の結婚式に参加させてもらう予定なので楽しみに頑張ろうと思います!

それではまた~

NY に到着

ちょうど1週間前の朝の8時。
トロントからの夜行バスでマンハッタンに到着してから、時間が風のように過ぎ去りました。
本当に目を閉じて開けたらもう今日みたいな感覚。。

トロントからNYまでは、メガバスというダウンタウンから出ているバスで移動。席も広いし空いていたのでしっかり眠れて良かったです😌基本どこでも眠れる体質だからかもしれないけど…🙃笑

今となっては取り越し苦労だったのですが、メガバスは大きいトランクは1人1つまでという話で、でも私は日本から普通に2つ持ってきていたので、まずバスに乗れるのかという不安がありました笑

でも、ホストファミリーとしっかりお別れもしちゃったし、乗せませんと言われたところで帰るところがない。
そう、乗るしかない。

てことでとりあえず持って行ってみたら、ナチュラルに荷台に積んでもらえました😌良かった、これでとにかくトロントを出られる!

出発時は、乗車する人が5人くらいしか居なかったので見晴らしのいい2階の1番前の席に座りました。全面窓なので見晴らしが良くてアトラクションみたいですごく楽しい✨
(でもアメリカ入ったあたりでここが予約席だと知る←)

ハイウェイからトロントの夜景が見えた時は、なんだか込み上げてくるものがありました。
ここで出会った沢山の人達に、私が生きている間にもう一度会えることはあるのかな。

色々考えながらも寝てしまっていたら←
国境ということで起こされ、イミグレーションの人の質問に準備していなくても適当に(良い意味で)答えられたことに感動。
留学して良かったね、わたし笑


イミグレーションもイルミネーションされていた

余談ですがその後の荷物検査のおじさまが日本語ペラペラで、イントネーションも片言感なかった。
何者でいらっしゃるのだろう。すごいなぁ。

ちなみにトランクですが、もう一度バスの荷台に載せるこのタイミングで係の人に指摘されました。
『えー君トランク2つ持ってるの?次からは+25ドルだからね!』とのこと。

「次っていつやねん」と1人でツッコミながら、ごめんねとありがとうをしっかりと伝えて再度バスに乗車🚌

朝方目が覚めた時、車窓からマンハッタンが見えた時には感動。
上京してきた気分です。

この後、2つの大きなトランクを持って地下鉄とローカル線に乗るのがめちゃくちゃ大変でした。
エレベーターのない駅は、階段をトランク1つずつ、持って降りて、持って降りてって感じで往復。

上に置いたままのトランクが盗まれたりしないか不安だったけれど、むしろおばさまとスケボー持ったお兄ちゃんがトランク降ろすのを手伝ってくれました。
本当にありがとうございます😢✨

ということで無事に学校かつ寮に到着しました😌🌟
だいぶリアルタイムから遅れちゃっているけど、また更新します🤗💓

いよいよトロントを発ちます

日付も変わっていよいよ今日の夕方、トロントを発ちます!

初めての一人海外生活。
家族も友達もいない土地での暮らしは想像以上に大変で、日本語で愚痴や弱音を言う相手もいないこともあって、最初は本当に辛くてしょうがありませんでした。

それでもウェディングに関する取材をしたい、しないといけないという一心で、とにかくがむしゃらに英語を勉強してあちらこちらに行動してみた二ヶ月。

とうとう記事が形になったのでこちらでご紹介します✨

【ウェディングソムリエさんでの連載ページ】

jadorewedding.com

最初見たとき、ページのクオリティの高さに驚きました!恐縮すぎる...。
こんなに素敵にしあげていただけて感謝しかありません😢✨


英語が堪能だったら、そしてもっと行動力があったら、他にも出来たことがあったかもしれませんが今の私なりの精一杯を形にしていただけたことに幸せをひしひしと感じています。
随時更新されていく予定...(私次第w)なのでチェックしてください♪


そして段々とここでの暮らしが「日常」になり始めた瞬間、NYへ移動することを今は寂しいとすら感じています。
それはもうただただ本当に人に恵まれていたから。

ホストマザーのMarieも、ハウスメイトのIremも、落ちこぼれの(笑)私を気遣ってくれて、いそがしいのにお家で3人で映画を観たり、クリスマス用のお菓子を作ったり、そのひとつひとつが本当に嬉しかった✨

f:id:e073331:20161211002645j:plain
子供たちへのプレゼント Marieがひとつ私にもくれました♪

学校の友達にも恵まれて、最終日はMabiがハーバーフロントに一緒にイルミネーション観にいってくれました。場所が不明すぎて見れなかったけど笑
お互い片言の英語で色々な話をして楽しかったな...✨最終的に私たちはもう自分の道を進んでいくしかないよねってなりました笑



f:id:e073331:20161211011614j:plain


そして、ウェディング関係でもたくさんの方にお世話になりました。

トロントでウェディング勉強会にも参加したり✨
一番心に響いたお話しをされたプランナーさんと写真を撮っていただきました。
本までいただいたので、日本に帰ったらじっくり読むぞ📚笑

f:id:e073331:20161211002958j:plain
f:id:e073331:20161211002939j:plain
まるでテレビの中の世界


そして、取材でお世話になったドレスショップの皆様。
2店舗行かせていただいたのですが、どちらの方も優しくて明るくてとても素敵な方々でした✨

f:id:e073331:20161211003435j:plain
f:id:e073331:20161211003551j:plain

そして他にもウェディング関係のアイテムのお店の方など、
見知らぬ私にすごくすごく優しく丁寧に接してくださって本当に感謝しかありません!

トロントを訪れたことのある人がみんな素敵な街だという理由が分かりました。
それは本当にどの国の人も尊重し合って、助け合って暮らしているということ。


一番記憶に残っているのは、ある日私が地下鉄の改札付近を歩いていたら駅員さんに突然呼び止められて「英語が話せないおばあちゃんがいるんだけど、あなた同じ国の出身じゃない?」と聞かれて、おばあちゃんのところに案内されたこと。あいにくおばあちゃんは中国語(広東語かな?)しか話せなかったので、私は全く役に立たなかったのですが笑

最終的には駅員さんと一緒におばあちゃんの行きたい駅名をなんとか聞き出すことが出来ました。
私は本当に何もしていないのに駅員さんに感謝されて(日本人ですか?としか聞いてない笑)、ちょっとくすぐったい気持ちにもなったのですが、それ以上にこの街のあたたかさに感動しました✨



当たり前のことなんですけど、どの国の人も同じように家族がいて友達が居て仕事をして"生活"をしています。
それが私は今まで本当の意味で理解していませんでした。
どこか遠い国の、自分の住む世界とは違う星のお話のような感覚で。


でも、トロントに来て「みんな同じなんだ」ということを心の底から実感できました。つきなみな言葉かもしれませんが、テレビや本で見るのと自分で実感するのは全然違う。
そして学校で色々な国から来た友達と出会うことで、ぞれぞれの出身国でそれぞれの暮らしがあることもちゃんと府に落ちて理解が出来た。だから本当にこの街で<生活>することが出来たことを心から感謝しています✨


NYに着いたらまた新しい<生活>が始まるわけで、また一からのスタートです。
しかも今度の期間は二週間。きっとあっという間。

どこまで、そして何が出来るかすら分かりませんが、出来る限り挑戦をしてきます!
まずは無事にNYに辿り着けるか😢笑

それでは頑張ってきます✨

f:id:e073331:20161211011749j:plain
Many thanks to Toronto!

クリスマスコンサート

今日はホストマザーのMarieと、トルコ出身のIremと3人で教会のコンサートを観に行きました。

初めての3人での外出です✨嬉しい!笑
(せっかくなので3人で写真を撮ればよかったのですが、忘れてしまってとても残念😢)

コンサートの後に、各自食べ物を持ち寄っての交流の時間があるそうなので、お昼からIremと一緒にspring roll(生春巻)を作りました。中身はMarieが準備しておいてくれた野菜&チキンミックスと春雨。

何日か前、Marieから「日曜日春巻き作るから手伝ってね!」と言われた際に、『春巻きって揚げるやつだよね?』という質問をしてしまったがため、この子は作り方知らないんだと思われてしまい「Youtubeで作り方を見ておくように!」という宿題が出されておりました。笑

Marieが言っていたのは日本で言う生春巻きのことでした!
確かに生春巻き作ったことない...!
でもYoutubeで見たら簡単そうだったので安心しました。巻くだけです笑

コンサートの日は朝からMarieは準備に忙しくて大変そうだったのでIremと二人で作りました♪

f:id:e073331:20161205135832j:plain

沢山出来ました✨
そして味もなかなか美味しかったです!←ちゃっかり何個か貰いました笑

これと子供たちへのプレゼント(これも3人で協力して作ったもの♪)を持って3人で歩いて10分程のところにある教会へ⛪️

f:id:e073331:20161205140121j:plain


想像していたより人がいっぱいいてびっくり!

f:id:e073331:20161205131227j:plain

大人・子供のクワイヤーに、ギター演奏やバイオリン演奏、ソロの唄などもあって、全体で1時間くらいかな? 知ってるクリスマスソングも多かったし、時々みんなで唄おうのコーナーもあって、とても楽しかったです✨

f:id:e073331:20161205131218j:plain

やっぱり音楽とかダンスとか、表現の力って偉大だなぁと思いました。
誰かを楽しませる力があるって素敵なこと!

f:id:e073331:20161205140121j:plain

最後のチケットの番号でのプレゼント抽選会の盛り上がりが日本と同じで面白かったです。
あちらこちらで『うわー!』とか『あと1ケタ違ければー!』とかの声が上がっていました😲笑

f:id:e073331:20161205131150j:plain




トロント生活も残りあと5日間。

一日一日を大切に丁寧にまっすぐに、過ごしていきたいと思います✨

トロントシティホールでスケートに挑戦!

冬季限定でトロントシティホールの前にスケートリンクが登場しました✨


現在の心境とかやっていることなど諸々 - SEKAI no WEDDING

このブログでも写真で登場したブラジル出身のFernandaが日曜にいよいよ本帰国ということで、
お別れ会も兼ねて授業帰りにスケートに行ってきました!

授業帰りにスケートって...どこまで行くのかな?と思ったら、私が通う語学学校からストリートカーで約10分。
トロントシティホールのスケートリンクに到着です。近すぎ。

街の真ん中に突然のスケートリンク!!
TORONTOのモニュメント前なこともあり、なかなかのオシャレ感✨


f:id:e073331:20161205122613j:plain

スケート靴は10ドルでレンタルが出来ます。
が!なぜかレンタルにはパスポートが必要でした(驚)
友達と一緒に借りることにしたら大丈夫だったので、そんなに厳しくはないのかもですがちょっとびっくり。

私と韓国出身のIselはすぐに立つことが出来たのだけど、ブラジル出身の3人は長らく靴を借りることすら躊躇していました。

でも意を決したようで挑戦!
f:id:e073331:20161205122637j:plain
柱から離れられないFernandaを遠くから見ている日本人と韓国人(ひどい)


f:id:e073331:20161205122646j:plain
助けに行きました笑


ブラジルは雪が降らないこともあって、冬季スポーツはやっぱり抵抗があるみたい⛄
でも最終的にはみんなしっかり立てましたよー✨(滑ってはなかったけど笑)

f:id:e073331:20161205122711j:plain

やっぱり体を動かすことは楽しい!
そして「キャー!」とか「寒い~」とか言ってるだけなので、英語があってもなくても←コミュニケーションが取りやすくて本当に本当に楽しかったです。
久しぶりに自分の心から笑っている顔をみたかもしれない笑

f:id:e073331:20161205122751j:plain
心から笑っている


この後ビジネスクラス組も揃って、Fernandaの送別会にご飯を食べに行きました。

f:id:e073331:20161205122829j:plain

どうでもいいことなんですけど、このお店で初めてフィッシュ&チップスを食べて、久々の魚に興奮しました笑
魚って美味しい🐡✨
出来れば揚げずに煮てほしいですけどね。煮魚希望。無理か。


f:id:e073331:20161205122753j:plain
私のお姉ちゃんIsel。とっても優しくて英語も教えてくれる😢✨


終始みんなが分かる簡単な英語で会話してくれているからなんだけど、
トロントに来た時よりは少しだけちゃんとコミュニケーションが取れているような気がしてとてもとても嬉しい✨

もっと頑張らないといけないことは目の前に沢山あるのですが、
みんなが居てくれる幸せを改めて実感した一日でした✨